マンションで胡蝶蘭を育てる5「室内に移動する」

 

このままずっと夏なのでは!と思うくらい暑い日々が続いていましたが、ここへきてぐっと気温が下がりました。
朝晩は特に気温が下がりますので、先日から胡蝶蘭を部屋の障子のところへ置きました。

胡蝶蘭1

南向きの障子窓のそばに置きました

胡蝶蘭2

新しい葉の緑がきれいです

本などには「最低温度が13度を下回らないように管理」と書かれていたりしますが、ここはやはりヒトの感覚で「寒いなあ」と感じたら室内で管理すれば良いのでは、と思います。ちなみに、人によっていつまで外で管理するのかは考えが違い、スタッフの中には相当寒くなるまで外で管理している、という強者もいます。それはきっと、微妙なタイミングを感じられるほどの経験があるからなのでしょう。私のように初めての場合はちょっと勇気がありません。

こちらは夏に日焼けをさせてしまい、白くザラザラになっている葉の表面。茶色い点が出てきました。細胞が完全に死んでしまったようです。

胡蝶蘭3

日焼け部分が茶色くなったところ

胡蝶蘭4

こちらも日焼け部分が茶色くなってしまいました

これからの季節は、ポカポカ陽気でも外に出したりしない方が良いようです。意外に風は冷たく乾いているので、胡蝶蘭が痛んでしまう可能性が高いそうです。

室内での管理や手入れについては、次回の記事でご紹介します。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

土ブロックで球根を育てる

来年の春に向けて、球根を育てることにしました。

球根

アグレオンラインショップでは、球根を育てる土として、

「球根の土」と「土ブロック 球根」を販売しています。

この球根の土は、適度な保水性と排水性を兼ね備えていて、

水分を好む球根でも、そうでない球根でもオールマイティーに対応しています。

今回は、「土ブロック(水でふくらむ球根の土)」でチューリップを育てます。

土ブロック

この土は、スリランカのココヤシの繊維を利用したココピートを圧縮していて、

水でふくらませて使用するという特徴があります。

さらに100%ココピートからできているので、栽培した後に燃やせるごみとして廃棄することが出来ます。

栽培した後の土の処理に悩む方もいらっしゃると思いますが、この土ブロックなら問題なしです。

「土ブロック(水でふくらむ球根の土)」は球根素材に合わせて素材がブレンドされていて、

肥料と微量要素もセットされているので、あとは球根を用意するだけ!

次回から実際に育ててみます!

春にきれいなチューリップが咲くことを期待して。

チューリップ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる4「洋ランの肥料」

 

ようやく秋らしくなってきましたが、東京の日中はまだ少し汗ばむほどです。
胡蝶蘭「ランラン」は心地よい風の中で、葉をピンと元気よく伸ばしています。
(見るたびに、日焼けさせてしまったことが悔やまれます・・・)

 

ランランの様子

ランランの様子

 

暑さも和らいだところで肥料を施そうと、プロトリーフの「洋ランの肥料」を用意しました。

 

洋ランの肥料

洋ランの肥料

 

パッケージの目立つところに「オキサミド配合」と書いてあります。
オキサミドは化学合成でつくられた物質なのですが、土の中に生息する微生物によってゆっくりと分解されていくという性質があります。見た目は水に溶けながら肥料効果を発揮する錠剤型の水溶性化成肥料と同じですが、オキサミド配合の肥料は水に溶けにくく、微生物に分解されたときに植物に有効な肥料成分として吸収されます。

そのような性質から、肥料の効き目は緩やかでゆっくり、安定的です。効果はゆっくりですが土の中の環境を急激に変化させないので、微生物の住む環境に負担をかけたり繊細な胡蝶蘭の根を傷めたりする心配がないところが魅力です。
植物の株元に置いておくだけという点も簡単で使いやすいですね。

 

肥料を置いたところ

肥料を置いたところ

 

洋ラン栽培の得意なスタッフに聞くと、初心者はとにかく肥料をたっぷり与えすぎて失敗することが多いそうです。
水溶性の液体肥料をやるときも、「ごく薄いことが大切」と教わりました。
確かにヒトも同様、いきなり大食いをすると具合が悪くなりますね。

日ごとに太陽の角度は変わっていきます。庇の下で胡蝶蘭を育てるようになってから、陽のあたる場所、陰のできるところが季節ごとに大きく変化することに気付き、一言で南向きと言っても植物にとっては単純ではないのだということがよく解ります。

花が咲く日を心待ちにしながら、引き続き環境に注意を払ってみていこうと思います。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サイフォンでガジュマルに挑戦 3

【ブログ】
サイフォンでガジュマルを育て始めて2か月が経ちました。
残念なことに、葉っぱの元気がありません。。。涙

元気がない(涙)

原因は、室内が高温多湿なこと、日光不足、肥料管理かなと思います。

日中は窓を閉め切ったムシムシした部屋に置いていて、
十分な日光が当たらなかったのがまずかったようです。。。
最近、変な天気が続いていて、ガジュマルが豪雨にさらされるのが怖くて、
外に出してなかったけど、雨に当たらないようにちょっと工夫をして外に出してみようと思います。
というのも、うちのベランダは軒が無くて、太陽が照れば直接日光が当たり、
雨が降ればビショビショになる状態なのです。
急に直射日光を当ててしまうと、ガジュマルが葉焼けを起してしまうので、
ベランダに日陰を作ってあげよう!

それと、もう一つが肥料。
過多になると、枝葉が伸びすぎて乱れてしまうので、
ガジュマルはそんなに多くの肥料を必要としないみたいです。
かといっても、サイフォンなどの人工用土には肥料成分が入っていないので、肥料が不足してしまいます。
肥料には固形のものと液状のものとありますが、
サイフォンなどハイドロカルチャーで使うときは液体肥料の方がいいみたいです。
固形だと肥料分が濃くなってしまい、植物には悪いので、液体肥料を使います。
プロトリーフチャネルの「ハイドロカルチャーの肥料管理方法」で分かりやすく説明してあるので、
どうぞご覧ください。

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=PU00gbFzWGo[/youtube]

今回は肥料ではなく、まずは活力剤をやりました。

活力剤!

肥料と活力剤は別物で、活力剤にはアミノ酸、ビタミン類、植物ホルモンなどが入っています。
例えて言うならば、活力剤は点滴のようなもので、元気のないときに与えるもの。
対して、肥料はステーキ、元気のある時に、もっと頑張ろうって思って与えるもの。
つまり、夏バテ気味の今のガジュマルには活力剤の方がピッタリです。
もう少し元気になってから、肥料をやろうと思います。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる3「葉焼け」

 

先日ショックな事件がおこりました。

胡蝶蘭「ランラン」の葉が焼けてしまったのです。

 

葉が焼けてしまったランラン

葉が焼けてしまったランラン

庇の下で風通し良く管理していた筈なのにどうして?と不思議に思っていましたが、休みの日に観察していたところ、

季節とともに太陽の角度が変わり、時間帯によっては日に当たってしまっていたことが原因だとわかりました。

 

こちらも葉焼けをしています

こちらも葉焼けをしています

程度の違いはありますが、上の白っぽく点が出ているところも日焼けによるものです。

そういえば、今年の夏に日焼け止めを塗らないでうっかり足を焼いてしまったときに、私もこんなふうに白い水ぶくれの状態になりました(その後すっかり皮がめくれました)。ちょうどそれと同じように、ランランの葉も水ぶくれをおこしているように見えます。表面はそれほど凹凸もなく、少しざらつきがあるような状態です。

やはり、胡蝶蘭は人間と同じような感覚で育てるのが間違い無いと、改めて感じます。まるでヒトの皮膚のように火傷を負わせてしまい、心苦しい思いです。ヒトは自然に皮膚が修復できるけれどランランはできないので、このままの状態でお付き合いすることになります。

 

新芽が出ています

新芽が出ています

火傷の状態ではありますが、新芽は元気よく出てきています。ちなみに、右下の黄色くなっている葉はもう寿命なので、

柔らかくなったらちぎって外します。

 

もう絶対に葉焼けをさせたくない!という思いで、テラスに簾を設置しました。

 

ランランに簾

ランランに簾。直射日光を遮ります

これで日中の強い日差しを避けることができそうです。

新芽がのびのびと育ってくれますように。。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サイフォンでガジュマルに挑戦 2

1ヶ月前にガジュマルをサイフォンに植え替えて、順調に育っています。
あんなにばっさりと伐採して大丈夫だったかなと少し心配してましたが、
3日くらいで新芽が出てきて、1ヶ月経った今では、こんなにボウボウになってます!

ガジュマル新芽

また伐採しないといけないくらい、勢いがいいです。
この夏、5日間旅行に行った際は、サイフォンに少し多めに水を入れて、部屋を空けました。
いない間、室温はものすごく上がっていたと思いますが、なんともなく元気に育っていました。
さすが、ガジュマルの生命力はすごいですね。
自然の中で、ガジュマルは、たくさんの気根を出して、他の樹木に絡みながら育つということから、
「絞め殺しの木」という強烈なニックネームで呼ばれているそうです。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる2「水遣り・肥料・葉磨き」

 

その後の胡蝶蘭「ランラン」は順調に育っています。

テラスの庇の下では明るすぎるかな、と心配していましたが葉が焼けてしまうこともありません。

経過をご紹介しますと・・

 

ランラン:葉の様子

ランラン、植え替えして間もない頃の葉の様子

 

がっちりとして元気そうですが、私としては葉の表面に何やら白く浮いているのが気にかかりました。

これは水道水による塩素が原因とのことです。水やりはなるべく置き水を使って、葉を拭いてやると

少しずつましになると聞き、実行しています。

 

傷ついたランラン

葉の表面に傷をつけてしまいました

 

ショックなことに、魚の世話をしているときにうっかり鉢をスタンドごと倒してしまい、

ランランの葉の表面に傷をつけてしまいました。これはどうにも直らないそうです・・・

 

そんなことがありながらもスクスクと育ち、新芽が出てきました。

 

ランランの新芽

新芽が出始めたところ

 

小さい芽を発見した朝はとても嬉しいものでした。

このあたりで少し葉の緑色が薄くなりかけたような気がしたので、水遣り時にはごく薄い

液体肥料を与えています。「ごく薄い」というのは何故かというと、夏の暑い時期は

胡蝶蘭も同じように暑くてちょっとバテ気味。人間と同じで濃いものは要らないのだそうです。

面白いもので、胡蝶蘭は、心地良いと感じる気温や湿度が人間とほとんど同じらしいのです。

そう思えば、自分の感覚で乾燥具合も察知できそうです。

 

現在のランランは上の写真からはかなり芽も伸び、まさに成長時期を迎えている様子です。

この写真は水遣りをしているところです。

 

ランランの水遣り

ココヤシのチップ、洋ラン用「土ブロック」の芯までしっかりと水を吸わせるために、
10分ほど水に浸しているところ

 

 

あれ!水にすっかり浸かっているけれど大丈夫?と思われるかもしれませんが、胡蝶蘭の水遣りでは

よく行われる方法なのだそうです。写真のようにドボン!と浸けていると、まるで水風呂に入っている

かのようで、見ている私も涼しくなります。

お天気の良い日が続いているので、乾いたら「水風呂」を行っています。ちなみに入れっぱなしにして

忘れないように、タイマーで10分間を計っています。

そういえば、葉の表面の塩素分がかなり消えてきたと思いませんか?思ったよりも頑固なもので、簡単には

取れません。せっせと磨いて(?)いこうと思います。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

サイフォンでガジュマルに挑戦 1

はじめまして、ブログ担当の山田です。
記念すべき第一弾は、サイフォンでガジュマルを育てることにしました。
サイフォンという言葉に馴染みがないかもしれませんが、ハイドロコーンと同じく、サイフォンはハイドロカルチャー用の用土です。
ハイドロコーンより吸水性が高いと言われてます。
この子の良いところは、水分の乾き具合が分かりやすいこと。
水やりをすると色が変わるので、初心者の私でも水の管理が簡単です!
夏は、部屋が物凄く暑くなるので、3日に1回、コップ1杯くらいの水をやっています。

サイフォン 1

左:乾いた状態 右:湿った状態

さっそくこのサイフォンにガジュマルを植え替えました。

ガジュマル 1

ガジュマルの植え替え

枝が伸びきっていて、葉っぱも痛んでいたので、植え替えて1週間後くらいにバッサリと剪定しました。
かなりスッキリ!
新芽が出て、青々とした姿に戻ってくれる事が楽しみです。

ガジュマル 2

ガジュマルの剪定


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる1「置き場所」

 

蘭を育てられたら素敵だろうな、と以前から何となく憧れてはいたものの、正直に言うと“蘭とは温室で育てるもの”

と決めつけていました。

先日偶然に、当社直営店のガーデンアイランド玉川で植替えした後の胡蝶蘭をいただけることになり、にわかに

栽培をすることになりました。

社内の蘭愛好家によれば「結構簡単に育てられる」とのこと。果たして優雅に花を咲かせることができるのかどうか、

その言葉を信じて、少し心配ですが挑戦してみようと思います。

私のように都市部のマンションなどスモールスペースで栽培しようとお考えの方はもちろん、贈りものの蘭を花が

終わった後も大切に育ててみたいという方へ、この栽培日記が少しでもご参考になれば嬉しいです。

 

さて、今回育てる蘭は胡蝶蘭で、市場では“ランラン”という名前で売られています。

にくめない、愛らしい名ですぐに気に入りました(わざわざ別の名前を付ける必要もなく、これ以上良い名前も

思いつきません)。姉妹蘭として“リンリン”という名の蘭もあるそうです。

ちなみに胡蝶蘭というのは沢山ある蘭のうちの一種です。カトレアやシンビジュームも蘭の仲間です。

 

お店で植替えをした時の様子は動画で収録してありますので、ぜひご覧ください。プロの手にかかると植替えは

ほんの数分、あっという間に完了してしまいます。この動画では“ランラン”が咲いているときの姿を少しだけ

見ることができます。

 

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=RVXMhwqCUrc&feature=plcp[/youtube]

 

 

植替え後の“ランラン”を自宅へ持って帰って、最適な場所を探しました。

胡蝶蘭“ランラン”の置き場所を検討中
写真右の縁台では魚を飼っています

 

 

胡蝶蘭は本来木の上の日蔭になるところに張り付いて生きており、風通しの良い場所を好みます。ですから栽培する

人の中には植木鉢を木蔭にぶらさげて、まさに自生している環境を再現するようにして育てている方も多いようです。

ここは南向きのテラスですが、庇(ひさし)が深いので直射日光が当たらない場所が確保できます。また風通しを

良くするために、アイアン台の上に置きました。

明るすぎて葉が日焼けしないかどうか観察しながら、しばらく様子をみていこうと思います。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ハーブに挑戦!その1 バジル

 

寒気の影響で、雷や雹、朝の冷え込みなど不安定な天気ですが
お日様が見えると庭いじりもウズウズしますね。

ラベンダー、ローズマリー、ミントなど人気のハーブもありますが、
今回は夏に向けておすすめのハーブ「バジル」をご紹介!

■バジル Ocimum basilicum(バジリコ、めぼうき)

パスタの「ジェノベーゼ」でもお馴染みのハーブです。

トマト、モッツァレラチーズと組み合わせた
サラダの「カプレーゼ」もおいしいですよね。
イタリア料理には欠かせないハーブですが、
原産地はインド~熱帯アジアのシソ科の非耐寒性一年草。
「ダークオパール」という紫葉の品種や
シナモンバジル、レモンバジル、など香りの違う品種や
縮れた葉のレタスリーフ(ラッフルズ)多くの品種があります。

タネからも育てやすく、苗もよく見かけますね。
低温が苦手なので、これからの季節が栽培には最適です。

成育に合わせ、下葉を利用しながら育てられます。
花を咲かせると葉や茎が固くなるので
ある程度成長したら、株元から20~30㎝に刈り込み、
つぼみの見える前に収穫します。

オリーブオイルと松の実と一緒に
ミキサーですりつぶしてバジルペーストもおすすめです。

タネは水につけるとゼリー状の膜に覆われます。
(カエルの卵のよう?)
そのゼリー状の物質で目の掃除をすることから「めぼうき」とよばれ、
アジアではデザートとしても利用されています。

【おすすめの土、肥料】
http://www.agure-shop.jp/GOODSLIST-194
ハーブ用の培養土、肥料、
気軽にスタートできる栽培セットも!

坂本

 

 

次回はコリアンダーかな?

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ