土ブロック

マンションで胡蝶蘭を育てる 「胡蝶蘭の花芽 その後」

 

前回のブログでは、胡蝶蘭の花芽が一部枯れてしまったことをご報告しました。

その後、残りの花芽を大事に育てて、現在はこんな様子です。

胡蝶蘭「アンスラパレルモ」の花蕾。生き残った蕾が息を吹き返して大きくなりました。

胡蝶蘭「アンスラパレルモ」の花蕾。生き残った蕾が息を吹き返して大きくなりました。

蕾がかなりふくらんで、大きくなってきました。とても可愛らしい姿です。

乾燥させないように、霧吹きをして管理しています。霧吹きに使う水はややぬるい状態にしています。

人が触ってぬるい、あたたかい、と感じる程度では胡蝶蘭には熱いそうなので、気をつけています。

 

「ランラン」はこの場所にだいぶ馴染んでいる様子で、葉も非常に元気のよい姿です。

「ランラン」の花芽

「ランラン」の花芽。葉も花芽も根も、活き活きしています。

 

それにしても、「ランラン」の栽培に使っている「洋ランの土ブロック」は本当に水持ちが良いと

思います。通気性はありながらもしっとりとしている状態が長く続くので、

胡蝶蘭にも合っているようです。

 

ここ最近枯れた蕾のことにすっかり気を取られていましたが、一つやらなければならないのは

支柱立てです。胡蝶蘭の支柱立ては初めてですが、次回までにやってみようと思います。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる2「水遣り・肥料・葉磨き」

 

その後の胡蝶蘭「ランラン」は順調に育っています。

テラスの庇の下では明るすぎるかな、と心配していましたが葉が焼けてしまうこともありません。

経過をご紹介しますと・・

 

ランラン:葉の様子

ランラン、植え替えして間もない頃の葉の様子

 

がっちりとして元気そうですが、私としては葉の表面に何やら白く浮いているのが気にかかりました。

これは水道水による塩素が原因とのことです。水やりはなるべく置き水を使って、葉を拭いてやると

少しずつましになると聞き、実行しています。

 

傷ついたランラン

葉の表面に傷をつけてしまいました

 

ショックなことに、魚の世話をしているときにうっかり鉢をスタンドごと倒してしまい、

ランランの葉の表面に傷をつけてしまいました。これはどうにも直らないそうです・・・

 

そんなことがありながらもスクスクと育ち、新芽が出てきました。

 

ランランの新芽

新芽が出始めたところ

 

小さい芽を発見した朝はとても嬉しいものでした。

このあたりで少し葉の緑色が薄くなりかけたような気がしたので、水遣り時にはごく薄い

液体肥料を与えています。「ごく薄い」というのは何故かというと、夏の暑い時期は

胡蝶蘭も同じように暑くてちょっとバテ気味。人間と同じで濃いものは要らないのだそうです。

面白いもので、胡蝶蘭は、心地良いと感じる気温や湿度が人間とほとんど同じらしいのです。

そう思えば、自分の感覚で乾燥具合も察知できそうです。

 

現在のランランは上の写真からはかなり芽も伸び、まさに成長時期を迎えている様子です。

この写真は水遣りをしているところです。

 

ランランの水遣り

ココヤシのチップ、洋ラン用「土ブロック」の芯までしっかりと水を吸わせるために、
10分ほど水に浸しているところ

 

 

あれ!水にすっかり浸かっているけれど大丈夫?と思われるかもしれませんが、胡蝶蘭の水遣りでは

よく行われる方法なのだそうです。写真のようにドボン!と浸けていると、まるで水風呂に入っている

かのようで、見ている私も涼しくなります。

お天気の良い日が続いているので、乾いたら「水風呂」を行っています。ちなみに入れっぱなしにして

忘れないように、タイマーで10分間を計っています。

そういえば、葉の表面の塩素分がかなり消えてきたと思いませんか?思ったよりも頑固なもので、簡単には

取れません。せっせと磨いて(?)いこうと思います。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる1「置き場所」

 

蘭を育てられたら素敵だろうな、と以前から何となく憧れてはいたものの、正直に言うと“蘭とは温室で育てるもの”

と決めつけていました。

先日偶然に、当社直営店のガーデンアイランド玉川で植替えした後の胡蝶蘭をいただけることになり、にわかに

栽培をすることになりました。

社内の蘭愛好家によれば「結構簡単に育てられる」とのこと。果たして優雅に花を咲かせることができるのかどうか、

その言葉を信じて、少し心配ですが挑戦してみようと思います。

私のように都市部のマンションなどスモールスペースで栽培しようとお考えの方はもちろん、贈りものの蘭を花が

終わった後も大切に育ててみたいという方へ、この栽培日記が少しでもご参考になれば嬉しいです。

 

さて、今回育てる蘭は胡蝶蘭で、市場では“ランラン”という名前で売られています。

にくめない、愛らしい名ですぐに気に入りました(わざわざ別の名前を付ける必要もなく、これ以上良い名前も

思いつきません)。姉妹蘭として“リンリン”という名の蘭もあるそうです。

ちなみに胡蝶蘭というのは沢山ある蘭のうちの一種です。カトレアやシンビジュームも蘭の仲間です。

 

お店で植替えをした時の様子は動画で収録してありますので、ぜひご覧ください。プロの手にかかると植替えは

ほんの数分、あっという間に完了してしまいます。この動画では“ランラン”が咲いているときの姿を少しだけ

見ることができます。

 

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=RVXMhwqCUrc&feature=plcp[/youtube]

 

 

植替え後の“ランラン”を自宅へ持って帰って、最適な場所を探しました。

胡蝶蘭“ランラン”の置き場所を検討中
写真右の縁台では魚を飼っています

 

 

胡蝶蘭は本来木の上の日蔭になるところに張り付いて生きており、風通しの良い場所を好みます。ですから栽培する

人の中には植木鉢を木蔭にぶらさげて、まさに自生している環境を再現するようにして育てている方も多いようです。

ここは南向きのテラスですが、庇(ひさし)が深いので直射日光が当たらない場所が確保できます。また風通しを

良くするために、アイアン台の上に置きました。

明るすぎて葉が日焼けしないかどうか観察しながら、しばらく様子をみていこうと思います。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ