春 Spring

マンションで胡蝶蘭を育てる 「胡蝶蘭の支柱立て・誘引」

胡蝶蘭は春を迎えて元気に生長しています。
乾くのが早くなり、水やりの頻度が高くなりました。

さて、今回は胡蝶蘭の支柱立て・誘引の作業をお伝えしようと思います。
前回ご紹介しましたパレルモをナチュラル仕立てにしました。
支柱を立てる前の様子はこのような状態です。

誘引前のパレルモ

誘引前のパレルモ

使ったのはシューリッヒ社のオーキッドスティックというもの。茎を引っ掛ける
だけで簡単に誘引ができます。これを、茎の生えている根元近くに挿します。
支柱が倒れないように、深くしっかりと挿します。

支柱を根元にしっかりと挿す

支柱を根元にしっかりと挿す

そして、伸びている茎を優しく引っ掛けます。
かなり伸びて、一つは花が咲いているので枝を折らないように・・。

茎を優しく引っ掛けて誘引

茎を優しく引っ掛けて誘引

もう一方にも支柱を立てます。

支柱をもう一本立てる

支柱をもう一本立てる

そして同様に茎を引っ掛ける。やってみる前はドキドキしましたが、
とても簡単にできました。

反対側の茎も誘引

反対側の茎も誘引

全体を見るとこんな感じで、ちょっとスティックの方が大きいです・・。
今度DIYで支柱を短くカットしようと思います。

支柱立てて誘引した後の様子

支柱を立てて誘引した後の様子

支柱を立ててから一ヶ月後、胡蝶蘭「パレルモ」の花が次々に咲いてきました。

支柱を立ててから1ヶ月後

支柱を立ててから1ヶ月後

少し紫がかったピンク色とクリームイエローのグラデーションが美しいです。
時間が経つにつれて、花色がライムグリーンに変化していくのだそうで、
これからも楽しみです。「パレルモ」の育ての親である椎名洋ラン園さんでは、
お花が9ヶ月も咲き続けたそうです。

一方、「ランラン」の方も蕾がふくらんで、もうそろそろ花が開きそう。

ランランの蕾

ランランの蕾

蕾がサクランボのようで、色もきれいです。
こちらもそろそろ支柱立て、誘引をしますがそれはまた次回にご紹介します。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

今年もグリーンカーテン!【連作障害にご用心】

 

雨上がり、「空を押し上げる薄紅色のハナミズキ」も満開。

ハナミズキ Benthamidia florida

ハナミズキ Benthamidia florida

 

モッコウバラも咲き始め、初夏の訪れを告げているようです。

モッコウバラ Rosa banksiae

モッコウバラ Rosa banksiae

気温が上がるにつれパンジーはノビノビ~。
ハボタンはタワーに菜の花が咲き、
いよいよ植え替え時期ですね。

夏花壇の主役はペチュニアでしょうか?
黒系や緑フチの品種も気になりますね。
霜や低温の心配もなくなり野菜苗も出そろっています。 

 

今年こそ!今年も!グリーンカーテンに挑戦という方に
今回は、植え付け前にワンポイントチェック!

ゴーヤは、キュウリなどと同じウリ科。
ということは、去年と同じ場所で育てる場合
「連作障害」の恐れがあります。
(かぼちゃ、スイカ、メロンもウリ科。)

■ 連作障害
同じ仲間を、同じ場所(用土)で育てると、

・病害虫が残っていて、被害を受けやすい。
・前回の成育にともなう老廃物などが含まれる。
・肥料分、微量要素が消費され、偏って残っていたり
 不足することで生育に支障が出る。

といったことがおきやすくなります。

それを防ぐために
堆肥などで土の改善、微生物の補充をしたり、
連作に強い「接ぎ木苗」を使ったりします。

また、プランターや鉢でも何ヶ月も水やり~を経ることで、
土の団粒構造が崩れて、水はけが悪くなり、
根詰まりや根腐れしやすくなるなどの原因にも。

特にゴーヤは、大きく成育するため、土の力も多く使ってしまいます。
「毎年、ゴーヤを育てているけれどイマイチ育ちが良くないなぁ。」
という方は、連作障害も一因かもしれませんね。

そういった場合、「グリーンカーテンの土」でしたら、
今年はお庭の土を休めることもできますね。
ナス科のトマト・ナスや花を楽しんだり、
堆肥などを入れ土づくりはもちろんOK!

グリーンカーテンの土(ゴーヤ苗)

グリーンカーテンの土(ゴーヤ苗)

ゴーヤチャンプルに飽きたらチップスや、素焼きもオススメですよ。

———————–
「グリーンカーテンの土」は、そのまま栽培容器として使える袋に、
スリランカ産のココピートを圧縮した培養土が入っています。
苗の植え付け前に水をいれて土を復元します。
(復元時20リットル相当です。成育に合わせ、追肥が必要です。)

今年こそツル植物で夏の日差しを遮る「グリーンカーテン」を
育ててみませんか?

【オススメの土】

  「グリーンカーテンの土」 3袋セットで販売中です!

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

「ハナズオウ」花蘇芳、Cercis

「ハナズオウ」

なにやら強そう?な名前ですが、
桜の散った頃に赤紫色の美しい花を咲かせる低木です。

 

「ハナズオウ」(花蘇芳、Cercis chinensis)は、
その花色が染料の「スオウ」に似ていることから
名付けられました。

葉が出る前に、枝から直接花が咲く姿は、
名は知らずとも思い当たる方もいらっしゃるのでは?

ツヤのある葉は、キュートなハート型。

仲間のアメリカハナズオウ(Cercis Canadens)では
花だけでなく秋まで葉も美しい赤葉品種の
「フォレストパンシー」がカラーリーフとしても人気です。

花言葉は「高貴」
また、仲間の西洋ハナズオウ(Cercis siliq uastrum)の
「ユダツリー」という英名からか、
「裏切り」という花言葉も持ちます。

 

実はマメ科で、花後にはマメなサヤを付けます。

【オススメの肥料と土】

果樹・花木の土 も販売中!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

あけましておめでとうございます! 辰年(リュウノヒゲ)

あけましておめでとうございます。
すっかり遅くなりましたが本年もよろしくお願い致します。
(一応、1/15までは松の内ということでご容赦を。)
 
今回は、辰年にちなんで「リュウノヒゲ」(竜の髭)をご紹介。
 
リュウノヒゲ

リュウノヒゲ Ophiopogon japonicus

「蛇の髭(ジャノヒゲ)」とも呼ばれ、丈夫で乾燥にも強く、 
グラウンドカバーや、街路樹の株元などの植栽にも
よく使われますが、3月ごろにインパクトのある青い実をつけます。

リュウノヒゲ(斑入)の青い実 Ophiopogon japonicus

  さしずめ青い瞳のボサボサの竜?

 

さて、厳寒期となり、園芸作業は「冬眠中」の方も多いと思いますが、
師走に処分特価で買ってそのまま植えてない球根。
年が明けて福袋で~新春特価で~と増えたバラの大苗。
いつのまにか3年植え替えていないバラの鉢。
などなどございませんか?|_・;)

 

冬の落葉期はバラの休眠期となり、
植えつけ&植え替え適期です。
 
真冬の寒さでも陽だまりはちょっぴり暖かいので、 
春~に向けて早めに「ガーデニング初め」を!  


Frosted rosehip berries
霜のドレスをまとったローズヒップ 
Frosted rosehip berries

 

初夏にはきっと素敵なバラが咲いてくれますね。

バラ マチルダ Matilda(FL)

ハナムグリ(コガネムシ)がお食事中

 

【オススメの土】 
バラの土

ローズソイル

【オススメの肥料】

バラの肥料


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ