冬 Winter

マンションで胡蝶蘭を育てる 「胡蝶蘭の花芽が枯れる理由」

前回胡蝶蘭の花芽がふくらんできたというお話をしてから、およそ7週が経過しました。

今回はその後の出来事をご報告しようと思います。

タイトルにもある通り、残念ながらその後胡蝶蘭の花芽が一部枯れてしまいました。

 

胡蝶蘭の花芽

枯れて黄色くなった胡蝶蘭の花芽

 

なぜこのようになってしまったか、栽培環境について振り返ってみますと、色々と思い当たることがあります。

まず、一番大きな原因と考えられるのは栽培環境が大きく変わったことです。

年末に家を引っ越したのですが、移転後最初の1週間ほどはこれまでよりもかなり低い温度環境と乾燥した空気にさらすことを余儀なくされました。ただでさえ、胡蝶蘭は慣れ親しんだ環境から急に異なる環境に変化することがあまり得意ではないようで、置き場を転々と変えるのもよろしくないそうです。

また、花芽は低温と乾燥がとても苦手。温度と湿度にもっと気を遣う必要がありました。まめな霧吹きと心地よい温度ですね。そしていくら冬場と言っても水やりは必要で、土が乾燥してから数日くらい待ってから、たっぷりと水やりをすることも大切です。もしかしたら、水やりの間隔があまりにも長かった、水を切りすぎた可能性も考えられます。

 

ランランの方は、ご機嫌良く花芽があがってきています。

ランランの花芽

新しく花芽が出てきた胡蝶蘭「ランラン」。右においてあるのは「最高最低温度計」です。

 

栽培環境、特に温度を管理するために、通常の温度湿度計だけでなく「最高最低温度計」を入手しました。これがあるとその場所の夜間の最低温度や日中の最高温度を記録してくれるので、とても便利です。ちなみに、今画面に写っている計測器の上の温度は床付近の温度、下はデスクの上の温度です。高さが少し違うだけでこんなに温度にも違いがあるのは驚きました。天井付近はもっと温かいのでしょう。私の部屋の室温は明け方に10℃近くまで下がるときがありますので、寝る前に透明のビニール袋をかぶせています。保温にも保湿にもなるので、安心です。

 

調子の良い胡蝶蘭は、葉の様子からしていかにも元気です。それから、根が銀色につやつやと輝いています。

引越しで思わぬ事態となりショックを受けていましたが、残りの花芽のうちいくつか咲いてくれたら・・と思いつつ、引き続き様子を見ていこうと思います。春が待ち遠しいですね。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる 「胡蝶蘭の花芽」

 

先日ご紹介しました「芽出しの胡蝶蘭」ですが、この二週間ほどで少しずつ花芽がふくらんできました。

 

花芽がふくらんできた様子

花芽がふくらんできた様子

 

15℃を下回ることはありませんが、比較的ひんやりとした部屋で管理しているので、生長はゆっくりです。

同じ頃に当社の直営店でスタッフが育て始めた芽出し胡蝶蘭はもっと日当たりが良く暖かい場所で管理されているので、芽の大きさが我が家のものよりも大きく、生長も早いです。その姿を見ていると、家に小さな温室でもあれば・・という気持ちにもなりますが(?)、ここはひとつ、ゆっくりと楽しもうと思います。

スタッフによると、この花芽のついた枝はとても繊細なのだそうです。うっかり引っかけたりあたったりすると、思ったよりも簡単に折れてしまうとか!経験談とのことなので、私も気をつけようと思います。

花の咲く日が待ち遠しいですね。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

マンションで胡蝶蘭を育てる 臨時増刊号「芽出しの胡蝶蘭」

 

先週の更新日に投稿が無く、大変失礼致しました。実は今週の金曜日が更新日だと思い、間違えておりました。皆様にはお詫び申し上げます。

 

さて、いまの我が家の胡蝶蘭の様子です。

ランランとパレルモ

仲間が増えました

ご覧の通り、新しい仲間が増えました。

よく見るともう芽が出ています。これは、私が育てている胡蝶蘭「ランラン」の生産者である椎名洋ラン園様から見本としてお預かりしたもので、「パレルモ」という名前です。

 

ランランとパレルモ

芽が出ています

興味深いのは、生産地で芽が出るところまで育てたものを出荷、お店で販売することで、多くの方が気軽に自分で花を咲かせるまでの楽しみを味わえる・・という生産者様のアイデア。温度などの環境にもよりますが、2〜4ヶ月ほどで花が開いてくるそうです。言うなれば「補助輪付の自転車」に乗せてもらっているようなものでしょうか。

 

「ランラン」と異なり、葉は明るい緑で長い形をしています。

ランランとパレルモの葉

同じ胡蝶蘭でも葉の特徴がはっきりしています

この時期は空気が乾いてくるので、自分でも「乾いているな」「湿度が欲しいな」と感じたら優しく霧吹きをかけてやると良いと思います。椎名様によると、そんなに神経質になってやたらに霧吹きをかけなくても大丈夫なのだそうです。ちなみに、霧吹きのコツはこちらの動画でわかりやすく解説をしています。(シンビジウムのお手入れです)

[youtube]http://www.youtube.com/watch?v=kIppHSKtxyc[/youtube]

 

まだポットに入ったままで少し息苦しそうなので、早く別の鉢に移し替えようと思います。
花が咲くのが楽しみです。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

クリスマスローズな季節

今年の冬は、寒いっ。
 
低温で、お野菜が育つのが遅く、高騰していますが、クリスマスローズもツボミのあがりが遅く各地でのフェアや展示会などにもヒヤヒヤ?
とはいえ、開花鉢のシーズンとなり、園芸店や展示会で様々なクリスマスローズが咲き競っています。
  
冬に庭を彩る花としてお花を好きな方の認知度は高くこの10年で八重咲き(ダブル)やセミダブル(半八重)などバリエーションが増えました。価格的にはお手頃な苗も増え、手に入れやすくなりましたね。
(9cmポット苗だと開花まで2~3年かかることも。)
 
ヘレボルス ダブル(八重咲き) ブラック系
人気の黒系はさすがにイイお値段?
ダブルだとさらに倍?(ダブルだけに…)
 
実生で個性的な品種も続々生まれていますが、今年もゴールド系は高値(高嶺)の花でしょうか。
原種も年々注目が高まっています。
(園芸の世界では、極めると「原種」にもどるという法則も。)
ヘレボルス ゴールド系
 
「クリスマスローズ」と一般的によばれていますが、
本当のクリスマスローズは↓ Helleborus niger のことを差します。 
クリスマスローズ Helleborus niger

これが本当のクリスマスローズ
Helleborus niger

ヘレボルス(Helleborus)の仲間には15種の原種があるとされ、その一つがこの Helleborus niger 
クリスマスの頃に咲くことから「Christmas rose」。日本では、ほかのヘレボルスの仲間もまとめて「クリスマスローズ」と呼ばれてしまっていますね。

【管理】
寒さには強いのですが暑さに弱い性質があり、夏は休眠します。低温期が植え替え時期となります。
購入した開花株も、鉢の中は根がいっぱいになっているので、根鉢を崩さずひとまわり大きな鉢に植え替えると水の管理などもしやすくなります。

■オススメの土&肥料
クリスマスローズの土、肥料
 プロトリーフのクリスマスローズの土、肥料

販売されている開花株などは、温室育ち。寒さに強いクリスマスローズでもいきなり外で霜にあたるとぐったりしてしまうことも。(秋から外に植えてあれば大丈夫なのですが)
環境に慣れるまでは、寒い日だけでも軒下や玄関に。(とはいえ、暖房の効いた室内だと気温が高く開花が進んでしまい、日照なども不足してのびの~びしてしまいます。)

それでも「コンニチワ」して戻らないときには、切り花にして楽しむのも一手。
花茎を付け根から切り、ちょっと水を切らして茎がやわらかくなったところでまっすぐにのばして新聞に巻き、40℃くらいのぬるま湯で、そのまま温度が下がるまでつけっぱなしにして水揚げします。(花が水につからない程度に深水)切り花にしても長ーく楽しめます。
 
ヘレボルス フェチダス(有茎種)を、背の高いガラスの器に丸ごと入れるとインテリアとしてもかなりポイントが高いです。(ちょっともったいないですが)

ヘレボルス フェチダス ゴールドブリオン(有茎種、黄葉品種)

ヘレボルス フェチダス ゴールドブリオン
(有茎種、黄葉品種
Helleborus foetidus 'Gold Bullion'


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

あけましておめでとうございます! 辰年(リュウノヒゲ)

あけましておめでとうございます。
すっかり遅くなりましたが本年もよろしくお願い致します。
(一応、1/15までは松の内ということでご容赦を。)
 
今回は、辰年にちなんで「リュウノヒゲ」(竜の髭)をご紹介。
 
リュウノヒゲ

リュウノヒゲ Ophiopogon japonicus

「蛇の髭(ジャノヒゲ)」とも呼ばれ、丈夫で乾燥にも強く、 
グラウンドカバーや、街路樹の株元などの植栽にも
よく使われますが、3月ごろにインパクトのある青い実をつけます。

リュウノヒゲ(斑入)の青い実 Ophiopogon japonicus

  さしずめ青い瞳のボサボサの竜?

 

さて、厳寒期となり、園芸作業は「冬眠中」の方も多いと思いますが、
師走に処分特価で買ってそのまま植えてない球根。
年が明けて福袋で~新春特価で~と増えたバラの大苗。
いつのまにか3年植え替えていないバラの鉢。
などなどございませんか?|_・;)

 

冬の落葉期はバラの休眠期となり、
植えつけ&植え替え適期です。
 
真冬の寒さでも陽だまりはちょっぴり暖かいので、 
春~に向けて早めに「ガーデニング初め」を!  


Frosted rosehip berries
霜のドレスをまとったローズヒップ 
Frosted rosehip berries

 

初夏にはきっと素敵なバラが咲いてくれますね。

バラ マチルダ Matilda(FL)

ハナムグリ(コガネムシ)がお食事中

 

【オススメの土】 
バラの土

ローズソイル

【オススメの肥料】

バラの肥料


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ちょびっと マルシェ リポート

12/10(土)、六本木アークヒルズにおいて
(有)矢祭園芸の育種家 金澤 美浩氏による
約50種類のシクラメンや冬の鉢花の展示即売会が行われました。

 
私は、昼過ぎに「ヒルズマルシェ」の会場へ
イベントは、寒いながらも好天に恵まれ結構な賑わい。


「ヒルズマルシェ」
は、
六本木アークヒルズのカラヤン広場(サントリーホールの前)で
毎週土曜日に開催される朝市。産地直送の旬の野菜や果物、
焼きたてパン、ワインやチーズ、加工品、など、とっておきの
食材が並びます。アークヒルズのお店さんの出店も。
————————–

矢祭園芸の金澤さんにご挨拶し、話をうかがいながら、
季節を彩るシクラメン、ポインセチアを拝見しました。



前回のメルマガでもご紹介した
ポインセチア「アイスパンチ」も。(参考画像)


人気の八重咲きシクラメン「チモ」(参考画像)

 
お日柄もよく、サントリーホール前の噴水のところでは
ウェディングドレス姿で結婚式の写真撮影も行われていました。
ちなみに金澤さんが作ったシクラメンにも可憐な花弁の
「ウェディングドレス」という品種がございます。


ウェディングドレス(参考画像) ホワイト以外の色も。

会場をひとまわりし、変わったお野菜や、おいしそうなパン、ジャムを眺めつつ、
暖かいスープをいただきました。

「復興ひまわり大作戦」の八津尾さん(南相馬市)の
パンジー苗も「復興の花」として、応援感謝価格で販売されていました。
 

■ Information ■
 12月のヒルズマルシェは「クリスマスマルシェ」
 12/17、12/24も開催!10:00~14:00 ※ご注意を(笑) 
 (矢祭園芸さんは12/10のみの参加です。)
 

【オススメの肥料】

シクラメンの肥料

 
 こちらはシクラメン「クリスタータ」
 花色もキュート。花弁のヒダヒダが立体的で目を引く、まだレアな品種です。
 「水晶(Crystal)」が品種名の由来。

 
 今年はシクラメンがお手頃な模様。
 フリフリ&ブリブリの高級品種がお手頃な値段で
 ご近所のお店でも見られるかもしれませんね。要チェックです!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

ウィンター フラワーギャラリー(シクラメン)

日も短くなり、暦の上では12/7の「大雪」を過ぎ、寒さも本番。
関東地方でも雪のちらつく地域があり、本格的な冬の訪れですね。

鉢花品評会(シクラメン)
鉢花品評会(シクラメン)

冬の鉢花の代表であるシクラメンですが、
12月のはじめに各地の花市場でシクラメンの品評会が行われ、
定番の赤やピンク、白はもちろん、ギザギザ(フリンジ咲き)や
八重咲き、黄色など、様々な品種が咲き競います。

シクラメン カンパーナ・ピンク Cyclamen 

シクラメン カンパーナ・ピンク Cyclamen

シクラメン(黄花) ネオゴールデンガール

シクラメン(黄花) ネオゴールデンガール Cyclamen

 生産農家さんに丹精こめて育てられたシクラメンは、
お歳暮などのウィンターギフトや、お店やご家庭の冬を彩ります。
お近くのお花屋さんでもシクラメンとポインセチアだらけ?

シクラメン プルマージュ Cyclamen "Plumage"

シクラメン プルマージュ Cyclamen "Plumage"

ポインセチア アイスパンチ Ppoinsettia

ポインセチア アイスパンチ Poinsettia

【オススメの土】
シクラメンの肥料

また、おウチの外には、パンジーや球根を植えたプランターも
寒さに耐えているのではないでしょうか。

クリスマスやお正月に向けたディスプレイを兼ねて、
パンジーや葉牡丹の寄せ植えの株間や、春に咲く球根のスペースなどの
土の露出をバークチップで飾ったり、化粧砂代わりに雪を思わせる
「マルチングストーン」を敷いてみてはいかがでしょうか。

植え付け後のバラ苗にも、マルチング材は、水はね防止となり
病気の予防にも効果的です。
霜除けにもなり、植え付け直後の冷え込みにもちょっと安心ですね。
 
 
【オススメの土】
マルチングストーン
バークチップ

もちろん室内の鉢花や観葉植物にご利用いただけます。
お部屋のクリスマスの飾りつけや、お店の中のディスプレイにも!

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ