土ブロックで球根を育てる~水やり~

球根を植えてから1ヶ月が経ちました。

あれからどんどん寒くなりましたね。

いったん球根を植えるとしばらくは芽が出なくて存在感が薄れるし、

寒くて外に出るのがおっくうだなと感じますが、

水やりは忘れないで下さいね。

土の中ですくすくと成長しています。

春に綺麗なチューリップを咲かせるために。

今回は球根の土として、『水でふくらむ 土ブロック 球根用』を水で復元して使いました。

この土ブロックは、ココナッツ果実の殻から取れるココヤシピートから出来ています。

ココヤシピートは保水性が良いので、土の表面が乾いていても、中は湿っていたりします。

写真はちょっと分かりづらいですが、土の表面を撮ったもの。

今回は、少し手でほじくってみて、中も乾いていたので、下から水が出るくらいたっぷりと水をやりました。

話は変わりますが、部屋の中にはポインセチアがあります。

寒がりの私にとっては、冬は室内で花を楽しみたいです。

もうすぐクリスマスですし、街中でポインセチアの色が映えていますね。


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント