土ブロックで球根を育てる

来年の春に向けて、球根を育てることにしました。

球根

アグレオンラインショップでは、球根を育てる土として、

「球根の土」と「土ブロック 球根」を販売しています。

この球根の土は、適度な保水性と排水性を兼ね備えていて、

水分を好む球根でも、そうでない球根でもオールマイティーに対応しています。

今回は、「土ブロック(水でふくらむ球根の土)」でチューリップを育てます。

土ブロック

この土は、スリランカのココヤシの繊維を利用したココピートを圧縮していて、

水でふくらませて使用するという特徴があります。

さらに100%ココピートからできているので、栽培した後に燃やせるごみとして廃棄することが出来ます。

栽培した後の土の処理に悩む方もいらっしゃると思いますが、この土ブロックなら問題なしです。

「土ブロック(水でふくらむ球根の土)」は球根素材に合わせて素材がブレンドされていて、

肥料と微量要素もセットされているので、あとは球根を用意するだけ!

次回から実際に育ててみます!

春にきれいなチューリップが咲くことを期待して。

チューリップ


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント