マンションで胡蝶蘭を育てる4「洋ランの肥料」

 

ようやく秋らしくなってきましたが、東京の日中はまだ少し汗ばむほどです。
胡蝶蘭「ランラン」は心地よい風の中で、葉をピンと元気よく伸ばしています。
(見るたびに、日焼けさせてしまったことが悔やまれます・・・)

 

ランランの様子

ランランの様子

 

暑さも和らいだところで肥料を施そうと、プロトリーフの「洋ランの肥料」を用意しました。

 

洋ランの肥料

洋ランの肥料

 

パッケージの目立つところに「オキサミド配合」と書いてあります。
オキサミドは化学合成でつくられた物質なのですが、土の中に生息する微生物によってゆっくりと分解されていくという性質があります。見た目は水に溶けながら肥料効果を発揮する錠剤型の水溶性化成肥料と同じですが、オキサミド配合の肥料は水に溶けにくく、微生物に分解されたときに植物に有効な肥料成分として吸収されます。

そのような性質から、肥料の効き目は緩やかでゆっくり、安定的です。効果はゆっくりですが土の中の環境を急激に変化させないので、微生物の住む環境に負担をかけたり繊細な胡蝶蘭の根を傷めたりする心配がないところが魅力です。
植物の株元に置いておくだけという点も簡単で使いやすいですね。

 

肥料を置いたところ

肥料を置いたところ

 

洋ラン栽培の得意なスタッフに聞くと、初心者はとにかく肥料をたっぷり与えすぎて失敗することが多いそうです。
水溶性の液体肥料をやるときも、「ごく薄いことが大切」と教わりました。
確かにヒトも同様、いきなり大食いをすると具合が悪くなりますね。

日ごとに太陽の角度は変わっていきます。庇の下で胡蝶蘭を育てるようになってから、陽のあたる場所、陰のできるところが季節ごとに大きく変化することに気付き、一言で南向きと言っても植物にとっては単純ではないのだということがよく解ります。

花が咲く日を心待ちにしながら、引き続き環境に注意を払ってみていこうと思います。

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント