マンションで胡蝶蘭を育てる3「葉焼け」

 

先日ショックな事件がおこりました。

胡蝶蘭「ランラン」の葉が焼けてしまったのです。

 

葉が焼けてしまったランラン

葉が焼けてしまったランラン

庇の下で風通し良く管理していた筈なのにどうして?と不思議に思っていましたが、休みの日に観察していたところ、

季節とともに太陽の角度が変わり、時間帯によっては日に当たってしまっていたことが原因だとわかりました。

 

こちらも葉焼けをしています

こちらも葉焼けをしています

程度の違いはありますが、上の白っぽく点が出ているところも日焼けによるものです。

そういえば、今年の夏に日焼け止めを塗らないでうっかり足を焼いてしまったときに、私もこんなふうに白い水ぶくれの状態になりました(その後すっかり皮がめくれました)。ちょうどそれと同じように、ランランの葉も水ぶくれをおこしているように見えます。表面はそれほど凹凸もなく、少しざらつきがあるような状態です。

やはり、胡蝶蘭は人間と同じような感覚で育てるのが間違い無いと、改めて感じます。まるでヒトの皮膚のように火傷を負わせてしまい、心苦しい思いです。ヒトは自然に皮膚が修復できるけれどランランはできないので、このままの状態でお付き合いすることになります。

 

新芽が出ています

新芽が出ています

火傷の状態ではありますが、新芽は元気よく出てきています。ちなみに、右下の黄色くなっている葉はもう寿命なので、

柔らかくなったらちぎって外します。

 

もう絶対に葉焼けをさせたくない!という思いで、テラスに簾を設置しました。

 

ランランに簾

ランランに簾。直射日光を遮ります

これで日中の強い日差しを避けることができそうです。

新芽がのびのびと育ってくれますように。。

 

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント