今年もグリーンカーテン!【連作障害にご用心】

 

雨上がり、「空を押し上げる薄紅色のハナミズキ」も満開。

ハナミズキ Benthamidia florida

ハナミズキ Benthamidia florida

 

モッコウバラも咲き始め、初夏の訪れを告げているようです。

モッコウバラ Rosa banksiae

モッコウバラ Rosa banksiae

気温が上がるにつれパンジーはノビノビ~。
ハボタンはタワーに菜の花が咲き、
いよいよ植え替え時期ですね。

夏花壇の主役はペチュニアでしょうか?
黒系や緑フチの品種も気になりますね。
霜や低温の心配もなくなり野菜苗も出そろっています。 

 

今年こそ!今年も!グリーンカーテンに挑戦という方に
今回は、植え付け前にワンポイントチェック!

ゴーヤは、キュウリなどと同じウリ科。
ということは、去年と同じ場所で育てる場合
「連作障害」の恐れがあります。
(かぼちゃ、スイカ、メロンもウリ科。)

■ 連作障害
同じ仲間を、同じ場所(用土)で育てると、

・病害虫が残っていて、被害を受けやすい。
・前回の成育にともなう老廃物などが含まれる。
・肥料分、微量要素が消費され、偏って残っていたり
 不足することで生育に支障が出る。

といったことがおきやすくなります。

それを防ぐために
堆肥などで土の改善、微生物の補充をしたり、
連作に強い「接ぎ木苗」を使ったりします。

また、プランターや鉢でも何ヶ月も水やり~を経ることで、
土の団粒構造が崩れて、水はけが悪くなり、
根詰まりや根腐れしやすくなるなどの原因にも。

特にゴーヤは、大きく成育するため、土の力も多く使ってしまいます。
「毎年、ゴーヤを育てているけれどイマイチ育ちが良くないなぁ。」
という方は、連作障害も一因かもしれませんね。

そういった場合、「グリーンカーテンの土」でしたら、
今年はお庭の土を休めることもできますね。
ナス科のトマト・ナスや花を楽しんだり、
堆肥などを入れ土づくりはもちろんOK!

グリーンカーテンの土(ゴーヤ苗)

グリーンカーテンの土(ゴーヤ苗)

ゴーヤチャンプルに飽きたらチップスや、素焼きもオススメですよ。

———————–
「グリーンカーテンの土」は、そのまま栽培容器として使える袋に、
スリランカ産のココピートを圧縮した培養土が入っています。
苗の植え付け前に水をいれて土を復元します。
(復元時20リットル相当です。成育に合わせ、追肥が必要です。)

今年こそツル植物で夏の日差しを遮る「グリーンカーテン」を
育ててみませんか?

【オススメの土】

  「グリーンカーテンの土」 3袋セットで販売中です!

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント