「ハナズオウ」花蘇芳、Cercis

「ハナズオウ」

なにやら強そう?な名前ですが、
桜の散った頃に赤紫色の美しい花を咲かせる低木です。

 

「ハナズオウ」(花蘇芳、Cercis chinensis)は、
その花色が染料の「スオウ」に似ていることから
名付けられました。

葉が出る前に、枝から直接花が咲く姿は、
名は知らずとも思い当たる方もいらっしゃるのでは?

ツヤのある葉は、キュートなハート型。

仲間のアメリカハナズオウ(Cercis Canadens)では
花だけでなく秋まで葉も美しい赤葉品種の
「フォレストパンシー」がカラーリーフとしても人気です。

花言葉は「高貴」
また、仲間の西洋ハナズオウ(Cercis siliq uastrum)の
「ユダツリー」という英名からか、
「裏切り」という花言葉も持ちます。

 

実はマメ科で、花後にはマメなサヤを付けます。

【オススメの肥料と土】

果樹・花木の土 も販売中!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント