新登場!「グリーンカーテンの土」

待ちかねた桜も咲き始めたら一気に満開。
関東南部では、週末はお花見に出掛けた方も多いのでは?

 

桜が咲くと一気に園芸シーズン本番。
お店でも夏花壇にむけて種類が一気に増えます。

 

近年人気の野菜の苗も品種が多くて
どれにしようか迷ってしまうほどですね。

今回は、夏に向けた新商品をご紹介。

 

その名は 「グリーンカーテンの土」

すっかり夏の定番となった
ゴーヤや朝顔など「緑のカーテン」に向けた商品です。
これがあれば鉢いらずでスタートできます!
(新聞でも紹介されました。)

———————–
「グリーンカーテンの土」は、そのまま栽培容器として使える袋に、
スリランカ産のココピートを圧縮した培養土が入っています。
苗の植え付け前に水をいれて土を復元します。
(復元時20リットル相当です。)

タネや苗は別途ご用意いただきますが、
ゴーヤも長大な品種やチビッコ品種、白ゴーヤなど
売られている品種も増えてきているので、
お好みの苗を。もちろん朝顔などにも利用できます。

 

ゴーヤでしたら、よく育つので1袋に1本。
地上部と地下(根)のボリュームは比例するということですね。
元肥は入っていますが、成長にあわせて液肥などを与えてください。

日中は20℃を越える地域もあるようですが、霜には要注意。
温室育ちの苗ですと大きなダメージを受ける場合があります。

 

今年こそツル植物で夏の日差しを遮る「グリーンカーテン」を
育ててみませんか?

【オススメの土】

 

 「グリーンカーテンの土」 3袋セットで販売中です!

 


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント