これもクリスマスローズ?

 
クリスマスに向けて各地でイルミネーションが始まっています。
節電&熱を出さずに樹に優しい「LED」のイルミネーションが
多く利用され、 お店や通り、住宅地もにぎやかですね。

今年の秋は暖かかったこともあり、街路樹の葉がなかなか落ちず
イルミネーションも限定公開?でしたが、寒さも厳しくなって、
やっと葉が落ち、広く澄んだ夜空に瞬いています。

 

と、お庭に目を向けると、寒さに耐えながらバラがチラホラ。
12月まで咲いていたら、これも「クリスマス『ローズ』」でしょうか?

イングリッシュローズ「クイーン オブ スウェーデン」 English Roses,Queen of  Sweden
 イングリッシュローズ「クイーン オブ スウェーデン」
 English Roses Queen of  Sweden  2011.11.27撮影

 
バラを今の時期に咲かせても、気温や日照の関係で
花が小ぶりだったり、花弁が寒さで傷みやすいので、
秋は軽めに切り戻し、お礼肥えを与え、
1~2月には本格的な剪定をして寒肥を、
と初夏の開花に向けて株を養生するのが教科書通り。
 
ですが、ツボミがみえるとなかなか切れないのも人情?
色が見えてきたら、切り花にして楽しむのもいいかもしれませんね。
 
バラの実(ローズヒップ)も、株が弱らないように花後は花ガラを摘んで、
実を付けさせないのがセオリーですが、品種によって違う実の形を
楽しんだり、早起きして見つけた霜や朝露を帯びた姿も絵になりますね。

  

バラも落葉樹。
関東以西の暖地ですとなかなか葉を落としませんが、
寒い季節は休眠期となり、植えつけ&植え替え適期です。

 

【オススメの土】 
バラのたい肥
京成バラ園の土 12リットル×4袋セット 

 

 

大苗も出揃い、今年のお仲間はどれにしましょう?
新品種や人気品種はお早めに!


ランキングに参加しています。
ぽちっとお願いします↓

フラワーショップ・園芸店 ブログランキングへ
人気ブログランキングへ

コメント